【Jackery ポータブル電源 1000】実機レビュー!2022年も正直、買いなのか?ぶっちゃけます(キャンプ・車中泊・防災・節電)

【Jackery ポータブル電源 1000】実機レビュー!2022年も正直、買いなのか?ぶっちゃけます(キャンプ・車中泊・防災・節電)

 

YaiYu
Jackeryのポータブル電源が欲しいんだけど、どれがおすすめ?

 

YaiYu
「Jackery 1000」は、正直どうなの?知りたい!

 

本記事では、そんな悩みを持つ皆様のための記事になっております。

 

本記事でわかること

  • Jackeryとは?
  • Jackery 1000とは?
  • Jackery 1000の全てがわかるレビュー
  • Jackery 1000を購入すべき方

 

こんにちは。
未来のための暮らし方を発信しているYaiYuヤイユウです。

 

これまで30種類以上のポータブル電源をレビューし使ってきましたが、
1,000W以上の容量のポータブル電源は、アウトドアや防災グッズとして1台は持っておきたいものだと思います。

 

そんな中、
ポータブル電源の日本市場で、首位を独走しているブランド「Jackeryジャクリ」の
Jackery ポータブル電源 1000」(以降 Jackery 1000)はおすすめの電源になります。

 

しかし2021年に、上位の「Jackery 1500」が販売された中で、
2022年になってもなお、Jackery 1000が「正直、買いなのか?
知りたい人も多いと思います。

 

YaiYu
初心者の方でもわかりやすく、正直な意見をぶっちゃけていきます!

 

Jackery(ジャクリ)
¥139,800 (2022/06/25 06:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Jackery ポータブル電源 1000 とは?

ポータブル電源の最先端企業「Jackery」とは?

Jackeryとは2012年米国シリコンバレーで誕生したポータブル電源の最先端ブランドです。

 

Jackeryの語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、
まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となっています。

 

YaiYu
ジャックリーとかジャッカリーとかに読み間違う人が多いのでご注意を! 

 

環境保全を通して社会貢献を行う基本理念のもと、
冒険に、限りないパワーを」をスローガンに掲げ「いつでも、どこでも、誰とでも」自由に安心な充電できる製品を生み出しているそんなJackery

 

合計「6種類」のポータブル電源を販売しており、
業界トップレベルのバリエーションと販売台数を誇ります。

 

さらに、ソーラーパネルも「3種類」もラインナップしています。

 

 

 

Jackery ポータブル電源 1000 のここがおすすめ!

私も含め、すでに世界中でファンが多いJackeryのポータブル電源。
なぜそんなに人気なのか?ポイントを3点、紹介していきます。

おすすめポイント

  • Jackeryだからこその安心と安全
  • ほとんどの電化製品を動かせる高出力
  • 大容量でありながら軽量

 

Jackeryだからこその安心と安全

ポータブル電源は精密機械です。
購入する際には、安全なのか?安心できるサポートなのか?が重要になってきます

 

正直、amazonで販売しているポータブル電源のほとんどは、日本の法人もなく、サポートも充実していないところがほとんどなので、いざサポートして欲しいときに、もう倒産&閉業してなくなっているということが多々あります

 

YaiYu
にも関わらず、「2年保証」をうたっているところがほとんどなので、気をつけましょう!

 

ポータブル電源でもっとも日本で実績があり、販売数もNo.1のブランドJackery
日本の法人も東京にありサポートも充実しています。

 

Jackery公式やAmazonの口コミでも「安心」で選ぶ方が多いようですね!

 

サポートに満足

御社の製品は今回で2回目の購入となりますが、1台目を購入の際、不良品とわかり連絡させて頂いた折、すぐにご対応・交換して頂きまして、御社のアフターサービスの良さに大変感心しておりました。

 

キャンプ仲間に自慢のポータブル電源!

他社の電源を購入し使用していましたが容量の大きいJacjkery1000を手に入れて焚火キャンプで大活躍でした。 やはり信頼できる会社、安心の製品と再認識! キャンプ仲間、山歩き友も購入して皆で楽しんでます。

 

ほとんどの電化製品を動かせる高出力

やはりJackery 1000の最大の魅力は、
ほとんどの電化製品を動かせる「1,000W」の高出力です!

 

でも定格出力が1000Wって、
2022年のポータブル電源市場では普通じゃないの?ドライヤーとか動かせないのでは

 

YaiYu
と思った方、かなりのポータブル電源マニアの域に入っています!

 

YaiYu
そう、定格出力1000Wじゃ2022年では普通ぐらいなんです!!

 

しかし、ドライヤーを使っての実際のレビューでは、
なんと普通に出力1200Wのドライヤーが使用できちゃっているんですよね

 

詳しくは後で記載しますが、なかなかサプライズを提供してくれるポータブル電源であることは間違いないようです。

 

大容量でありながら軽量

Jackery 1000は、
1,002Wh/278,400mAh」の大容量ながら「10.6kg」と軽量になっています。

 

 

 

YaiYu
1000Whの容量を誇りながら「10kg」ほどなのは業界でも軽い方になります。

 

ちなみに、上位に当たるJackery 1500は「15kg」なので、なかなかの重量感です。
持ち運びを頻繁に行う方はJackery 1000がおすすめですね。

(左:1500 右:1000)

 

YaiYu
Jackery 1500は持ってみたところ、男子でも気軽に持ち運べる限界を突破してました・・・

 

Jackery ポータブル電源 1000 レビュー

ここからポータブル電源Jackery 1000をレビューしていきます。
初心者の方でもわかりやすく下記の順番で解説していきます。

 

レビューの流れはこちら。

レビューの流れ

  • ビジュアル
  • 電池性能
  • 付属品
  • 出力性能
  • 入力性能
  • 安全性
  • 保証期間
  • 価格

 

ビジュアル

まずは「ビジュアル」から。


前面は、大きさが「高さ24.3cm × 横幅33.2cm」となかなかの迫力になります。
前面にディスプレイや入力、出力の機能が集約されているのは「とても使いやすい」ポータブル電源の特徴です!

 

縦幅23.3cm」の両側面は、排熱する通気口になっています。
冷たい風で内部の熱を逃し、電源の状態を安定させてくれるので安心です。

 

背面ははとてもシンプル。

 

底面は、しっかりと地面に接する部分が凸になっているので、本体が汚れる心配はありません。

 

上面は、平らになっており、他のJackeryの製品と重ねて置けたり、物を上に置けるのは何かと便利なんです。

 

持ち手がとても大きく持ちやすいので、10.6kgの重さながらそれほど重く感じないのがすごいところ。

 

ディスプレイは、「INPUT」と「OUTPUT」の表記が別れているのがいい感じです

 

ディスプレイはJackery 1500が大きくなりましたので軍配が上がりますね。

(左:1500 右:1000)

 

電池性能

ポータブル電源を選ぶ際にとても大事な要素「電池の性能」。

 

Jackery 1000の電池性能をまとめてみました。

電池性能

  • 電気容量:1,002Wh/360,720mAh/3.6V
  • 電池素材:リチウムイオン
  • 充放電サイクル:800回/残存80%
  • パススルー機能:あり
  • 保管温度範囲:公式発表なし
  • 動作温度範囲:-10°C ~ 40°C
  • 充電温度範囲:0°C ~ 40°C
  • 生産地:中国

 

Jackery 1000の電池の容量「1,002Wh/360,720mAh/3.6V」は、電化製品をどれぐらい使用できるのかまとめました。
なお「放電深度を10%」として計算しています。

 

YaiYu
主に災害時などに使用する想定の場合は、スマートフォンの充電回数と、夏は扇風機、冬は電気毛布の使用時間を目安にするといいでしょう。

 

YaiYu
さらにはケトルにより、カップヌードルが作れるのが高出力ポータブル電源のいいところです!

 

電池寿命

ポータブル電源でよくみなさん気にされるのが「電池寿命」です。

 

現在販売されているポータブル電源の主な電池は2種類あります。

  • 三元系リチウムイオンバッテリー:800回(残存80%)
  • リン酸鉄リチウムイオン電池:3,500回(残存80%)

 

YaiYu
まず、ポータブル電源を30台以上レビューしてきた私からお伝えしたいのは、寿命は気にする必要はほとんどないです。

 

そのポイントをまとめましたのでご覧ください。

電池寿命に関して

  • 安全性は三元系の方が上位になります
  • キャンプや車中泊に利用するなら800回使用するまでに機体が壊れると思います
  • もし壊れなくても、もっとすごい電源がその時に販売しているので買い替えましょう
  • 防災グッズとして利用するのであればより寿命は気にする必要はありません
  • 唯一、家庭用蓄電池として24時間、365日、使用する想定であればリン酸鉄を選びましょう

 

付属品

Jackery 1000の付属品は、
すべて始めから揃っており別途購入することなく使用開始できます。

付属品

  • AC充電ケーブル
  • 車載用 充電シガーソケット
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 収納ポーチ

 

取扱説明書も日本語記載でしっかりと書かれています!

 

AC充電ケーブルなどを入れておける付属の「収納ポーチ」がしぶくて、いい感じですよ!

 

なお、専用の「Jackery ポータブル電源 収納バッグ P10」も持っておくことで、
外出時の際の落下などの衝撃からJackery 1000を守ることができるので、持っておくことをお勧めします!

 

出力性能

出力性能とは、
Jackery 1000にコンセントを差し込んだり、USBを差し込んだりして電力を使用する際に必要なパワーのことです。

 

電力を出力させるための方法は以下の3つ。

入力方法

  • ACコンセント出力
  • USB出力
  • DC出力

 

YaiYu
ポータブル電源を選ぶ上で、もっとも大事な要素の一つになります!

 

ACコンセント出力

AC出力とはJackery 1000に「コンセント」を差し込んだときに電化製品などに流れる電流のことです。

AC出力性能

  • 電圧:100V
  • 周波数: 50/60Hz
  • 波形:完全正弦波
  • 定格出力:1000W
  • 最大瞬間出力:2000W
  • コンセント口数:3口

 

電圧・周波数・波形に関しては、
解説するとかなり長くなるので、不明なところがあれば、クリックでご確認ください!

 

電圧・周波数・波形から家庭用のコンセントに差し込んだときと同じ電流が流れることがわかります

 

YaiYu
安心できるポータブル電源だとここで判断できるんです!!

 

定格出力1,000Wとは、1,000Wまでの出力の電化製品が使えることを表し、
本来であれば出力が「1,200W」もあるドライヤーは使用できないスペックとなります。

 

しかし、どうでしょう!!
ドライヤーを使って「1,148W」を叩き出しているのですがJackery 1000は普通に使用できているんです!!

 

温める際に、プレートがくるくる回る「回転式電子レンジ」は、
電化製品の中でも最高ランクの出力を叩き出す
ので多くのポータブル電源が使用できません。

 

YaiYu
しかし、使えているのです!なんてこった!!

 

検証するために、Jackery 1500でも電子レンジを使用し比較してみました。

 

ポイント

電子レンジの実験で、
Jackery1000では「1,100W」の消費電力に対し、Jackery1500では「1,389W」も消費していました。

これはJackery 1000のシステムによって、1,200W以下に出力が抑えられていると予想。

つまり、1,200Wを超える電化製品でも出力を制限して1,200W以下にし使用できると判断しました!

 

YaiYu
あくまでも予想ですが、すごいポータブル電源ですよこれは!!

 

使用したドライヤーはこちらになるのでご参考に!
電子レンジは古すぎて販売していない骨董品です(笑)

 

さて、最近ではポータブル電源は「ファンの音の大きさ」も大事な要素になっているので調べてみました!

注意

キャンプのテントの中や車中泊の車の中、さらには被災地の避難所での使用を想定されるポータブル電源ですので、ファンの音がうるさいと騒音の原因になってしまいます!

 

Jackery 1000のファンが回った場合の音の大きさは「65db(デシベル)」と判明しました!

 

YaiYu
ファンの音は、大容量ポータブル電源にしては静かな部類に入りますよ!

 

USB出力

近年、ポータブル電源はスマホやダブレット、ノートPC、ドローンなどに充電することが重要視され、「USB出力性能」はポータブル電源を選ぶ上で、かなり重要になってきました。

USB出力

  • USB-C(18W):2口
  • USB-A(5V/2.4A):1口
  • USB-A(QC3.0)(18W):1口

 

USB-Cポートが「2つ」あるのはいいのですが、やはり高速充電対応ではないのが残念なところです。

 

実際に「Macbook Air(M1チップ)」をUSB-Cで充電したところ「17W」の充電W数と物足らない印象です。

 

YaiYu
USB出力に関してはJackery全般、あまり力を入れてない部分だと思っているのでもう一歩欲しいところですね。

 

なお、テレワークやワーケーションで使用する場合は「ハブ」を持っておくと複数台を同時充電できるのでオススメです!

 

私は使っているハブは「Zendure SuperhubSE 4K」で、
USB-A、USB-C×2、HDMIがひとつになっているのでかなりおすすめです。

Zendure
¥11,799 (2022/06/25 06:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

YaiYu
ポータブル電源と相性抜群です!!

 

DC出力

Jackery 1000にDCケーブルを差し込んで電化製品を使用する場合のパワーを見ていきましょう。

シガーソケット出力

  • シガーソケット(12V/10A):1口

 

USB-Cの出力がさらに欲しい方は、シガーソケットから出力できる「Anker PowerDrive Speed+ 2-1 PD & 1」があるといい感じです。

 

車のバッテリーがあがって動かなくなった時は「Jackery 12V 自動車用バッテリー充電ケーブル」を持っておくとエンジンをかけることができるので安心ですよ!

 

YaiYu
現在ではあまり使う機会がないようなシガーソケット出力ですが、使い方によっては有能なんです。

 

入力性能

入力性能とは、
Jackery 1000を充電する際に、どれぐらいの時間で充電が完了するのかのことを言います。

 

電力を充電するための方法は以下の3つ。

入力方法

  • ACコンセント
  • シガーソケット
  • 太陽光パネル

 

YaiYu
それぞれ詳しく解説していきます。

 

ACコンセント入力

Jackery 1000をコンセントに差し込んで充電するAC充電は、付属されている「AC充電ケーブル」を使用します。

 

接続は簡単でJackery 1000の「INPUT」と書かれたポートにAC充電を差し込むだけです。

 

充電すると「約160W」で入力されているので、
1,002Wh容量だと公式通り「7.5時間」ほどでフル充電可能ですね。

 

YaiYu
充電速度は早くもなく遅くもないぐらいです。

 

シガーソケット入力

車中泊や災害時に、もっとも欲しい車で充電できる充電「シガーソケット」。
Jackery 1000はもちろん実装しています。

シガーソケット入力

  • 対応車:12V
  • 充電完了時間:約14時間

 

キャンプや車中泊だけでなく、
災害時などの緊急の場合でも、走行充電は非常に役に立つ充電方法の一つですね!

 

太陽光パネル入力

ソーラー発電は、どこでも充電できることやエコの観点からも、注目を集めています。
また、電気代も削減できるためお財布にやさしく、外出先でも電力を発電することができます!

太陽光の入力性能

  • 入力最大値:180W

 

検証するため、実際にJackery SolarSaga 100を使ってJackery 1000を充電してきました!

 

接続はAC充電と同様のポートを使用します。

 

Jackery SolarSaga 100からのケーブルを差し込むだけ。
4月の終わり頃のよく晴れた早朝で「76W」ほど充電してくれました!

 

YaiYu
100Wソーラーパネルでの76Wなので、かなりの高効率ですよ!

 

充電の際はソーラーパネルの陰に入れておくと、ポータブル電源の温度が上がりすぎないので必ず行いましょう!

 

さらに、Jackery SolarSaga 100を2枚「並列」で接続すれば「倍」の速度で充電可能なのでおすすめです!
その際には「Jackery Solarsaga 並列接続用ケーブル」も必要になってくるのでご注意を!!

 

もしくは、最新ソーラーパネルの「Jackery SolarSaga 200」でもいいと思います!

Jackery(ジャクリ)
¥55,000 (2022/06/25 07:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

Jackery 1000Jackery SolarSaga 100がセットになっているのは、安くなっているのでおすすめですよ。

 

安全性

安全認証マーク

ポータブル電源を選ぶ際には、安全認証マークを取得しているかチェックしてから購入しましょう!

 

Jackery 1000は各国の認証と、日本での認証「PSEマーク」を取得しているので、しっかりと基準を満たした安全なポータブル電源と言えます。

 

YaiYu
ポータブル電源を選ぶ上で、大事な要素なので覚えておきましょう!!

 

BMS(バッテリーマネージメントシステム)

ポータブル電源には、バッテリー管理システム(BMS)という安全装置が備わっています。
過充電や過放電保護、温度管理等、内部バッテリーが安全に動作するよう監視及び管理を行うためのシステムも購入時にしっかりと確認しましょう!

 

ポイント

Jackery製品は安全性が高いことで有名ですので、安心してお使いいただくことが可能です。

最近では、災害時のためにポータブル電源を常備しておく方が増えてきました。
長期保管する場合は、安全の観点から「6ヶ月に1回の点検」「80%程度まで充電」を推奨します。

 

YaiYu
とはいえ、フル充電しとかないと不安という方は問題なくフルにして定期的に確認しましょう!

 

保証期間

製品は、販売されているほとんどが「24ヶ月保証」です。

 

Jackery 1000の保証期間を販売されているマーケット別にご紹介します。

保証期間

  • 公式HP:24ヶ月
  • amazon:24ヶ月
  • 楽天:24ヶ月
  • yahooショッピング:24ヶ月
  • 家電量販店:量販店による

 

YaiYu
どこで購入しても保証期間が業界最高峰の24ヶ月なので安心です!

 

価格

皆さんはポータブル電源を「安さ」で決めていませんか?
それは1番ダメな選び方です。

 

ポータブル電源は、キャンプやアウトドアだけでなく、防災グッズとしても需要があります。
そんな、「いざという時のため」に使うものが安物だと、使いたいときに動かないなんてもこともあり得ます。

 

Jackery製品は、見た目良し、性能良し、そして何よりも安全でサポートが安心なのでおすすめです!

 

ただJackery 1000は、Jackery製品の中で比較すると、やや割高になります。
しかし、Jackery 1500が販売されて以降、セールする機会が増えたので、その際に購入するのがベストです!

Jackery 製品 Wh 税込価格(¥) ¥ / Wh
Jackery 240 241.9 19,800 82.1
Jackery 400 403 44,800 111.9
Jackery 708 708 79,800 112.7
Jackery 1000 1002 139,800 139.5
Jackery 1500 1534 179,800 117.2
Jackery 2000 2160 285,000 131.9

 


YaiYu
セールでないときに購入したい方はJackery 1500を購入すると間違いなしです!

 

Jackery(ジャクリ)
¥139,800 (2022/06/25 06:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Jackery ポータブル電源 1000 レビューまとめ

如何でしたでしょうか?

 

最後にJackery 1000がキャンプや車中泊などのアウトドア用に適しているのか?防災グッズや節電グッズに適しているか?
まとめていきます。

 

キャンプや車中泊などのアウトドア用にご購入をお考えの方へのポイント

まとめ

  • 高出力、大容量なのでアウトドアにおすすめ
  • ドライヤーやケトル、IHクッキングヒーターなど使用可能
  • ファンの騒音がないので、テント内や車内でも使いやすい
  • Jackery 240、400、700を持っているのであれば2台目におすすめ
  • 1台目の購入の場合はJackery 1500とどちらか悩もう

 

防災グッズや節電グッズに、購入をお考えの方へのポイント

まとめ

  • いざという時に持ち運べる最大の重さ「10kg」
  • 主に災害時には扇風機、電気毛布、そしてケトルに使用
  • 停電時に冷蔵庫に使用した場合、半日以上は保てる
  • 停電時にテレビに使用した場合、半日以上は保てる
  • 防災グッズとしては、最低限必要な1000Whなのであり
  • 節電グッズとしては、もう一歩

 

上位機種に当たるJackery 1500が販売されましたので、セールする頻度が上がると思います。
購入するならそのタイミングです!!

正直、2022年でもこの性能であればぜんぜん買いだと思います。

 

YaiYu
ドライヤーが使えてこのコンパクトさと軽さが最大の魅力です!!

 

この先、日本はどこで地震などによる停電が起こってもおかしくありません。
また高騰する燃料費や電気代・・・

 

YaiYu
安全・安心のためや、日々の節約においてポータブル電源は持っておくべき家電だと思います。

 

Jackeryすべてのモデルを持っている私だからこそ言えるのですが、Amazonで数あるポータブル電源の中で、性能は確かにみんな似ているのですが、大事なのは故障時のサポートと、いざというときに動かない可能性を減らすことが大事です。

 

YaiYu
価格や口コミだけで決めるのではなく、全体的に考えた時、Jackery製品はとてもおすすめです。

 

Jackery(ジャクリ)
¥19,800 (2022/06/24 17:11:47時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥44,800 (2022/06/24 17:11:47時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥76,800 (2022/06/24 19:46:22時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥139,800 (2022/06/25 06:55:44時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥179,800 (2022/06/24 17:11:46時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥18,800 (2022/06/24 14:52:20時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥34,800 (2022/06/25 07:13:05時点 Amazon調べ-詳細)
Jackery(ジャクリ)
¥55,000 (2022/06/25 07:13:07時点 Amazon調べ-詳細)
Zendure
¥11,799 (2022/06/25 06:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

【Jackery ポータブル電源 240】実機レビュー!「気軽に1台持っておける」コスパさが最高なのでおすすめ(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 400】実機レビュー!初めてでも安心かつ安価なのでおすすめ(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 700】実機レビュー!リニューアルされたJackery 708と比較解説(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 1500】実機レビュー!高出力・大容量で割安なのでおすすめ(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 2000 Pro】発売開始!Jackery 1500と比べてどっちが買いなのか徹底考察!

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 240と400と708の選び方】絶対迷わない比較レビューで徹底解説!(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery ポータブル電源 1000vs1500】どちらを買えばいいの?「絶対迷わない」比較実機レビューをお届け!(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

Jackery(ジャクリ)全6機種を徹底比較!容量・サイズ・口コミ・レビュー・使い方すべて解説(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

【Jackery SolarSaga 100】実機レビュー!Jackery ポータブル電源を持っているなら絶対持っておくべきソーラーパネル(キャンプ・車中泊・防災・節電)

続きを見る

 

レビューしている「ブランド別」「容量別」のすべてのポータブル電源一覧

YaiYu

私はミニマルライフ&オフグリッドライフを実践し、月10万以内で生活しています。さらにWeb3やWebマーケを学ぶことで収入を大幅にアップさせました。今ではその浮いたお金で暗号資産に8桁投資しています。そのノウハウをすべてブログにぶち込んでいます!

-オフグリッドライフ
-, , , , , ,